キリスト教の異端・カルト教団に関する情報サイト
新着情報

ニュース

異端、カルトに関する国内外のニュースを取り上げていきます。

こんな人物を誰が推薦をしたのか?IM宣教会の代表マイケル・チョウ氏の偽り

代案教育推進もずさんな運営と衛生意識が明らかに。クラスター発生で判明した信仰という名の虐待 2021年2月4日号 韓国のキリスト教ポータルニュースを運営するチョン・ユンソク牧師(編集長兼記者)が執筆を手がけたIM宣教会問 …

汝矣島純福音教会が全信者に「アンチコロナウイルスカード」配布。イ・ヨンフン牧師「3D波長でコロナにかからない」、「疑わず持つように」

感染症医療の専門家ら「教会がとんでもないことを信じさせている」と指摘、イ牧師は指示を撤回し謝罪へ 陰謀論や虚偽事実でコロナと信仰を強引に結びつける事態に懸念 (出典:ニュースアンドジョイ 2021年2月5日 異端・カルト …

社会を脅かす陰謀論と異端・カルトの自己正当化

教会を混乱に陥れ社会を危険にさらすネット時代の情報操作に対抗するには? 1月6日、米大統領選挙の結果を確定させる審議中の連邦議会をトランプ大統領の支持者らが襲撃した事件は、アメリカの民主主義の劣化を世界に印象付けた。襲撃 …

2020年の韓国10大、異端・カルト宗教ニュース

コロナ感染拡大のかげでカルト宗教の布教が勢いづいた。事件、裁判、今年を振り返る 現代宗教 2020.12.28 2020年は韓国社会においてキリスト教異端、カルト問題が社会的に大きく注目された極限の年だったと言えます。「 …

異端、カルト教団にとってクリスマスとは?

イエスの誕生はあくまで教祖神格化の通過点にすぎない  現代宗教| 2020年12月14日 一般の教会でクリスマス(生誕節)といえば救い主イエス・キリストの誕生を祝う記念日であり多くの教会で礼拝が献げられる。では …

シベリアの地に現れた自称再臨のイエス「ビサリオン」逮捕 信者から金を奪い暴行か ロシア軍が出動

自称キリストが語る「私がキリストである根拠」韓国や中国のケースとまったく同じ 9月20日、ロシアのシベリアをキリストの再臨の地と称し集団生活を送る宗教団体「聖書の教会」代表セルゲイ・トロップ(59)容疑者がロシア連邦保安 …

(祝辞)本紙開設1周年記念、「一致団結して異端、カルト対策を」 

共同代表より皆様へご挨拶 韓国から渡ってきた様々な異端カルトに対する迅速でしかも正確な情報を提供することにより、日本のキリスト教界はもちろんのこと、日本の社会をそのような団体から守っていこうとする目的をもって昨年の10月 …

韓国主要教団における異端規定のシステムについて

韓国には日本と比較にならない程多くの教団が存在します。教団ごとに異端似非(カルト)調査委員会(以下、調査委員会)が備わっていて、その下にいくつもの神学委員会があります。専門の牧師たちが、これら調査委員会でさまざまな情報を …

韓国における異端・カルト教団の奉仕活動 その実態

2020年9月14日 現代宗教 韓国主要教団から異端・カルト規定を受けている教団によるボランティア活動が活発化している。人材派遣、無料で物資配布、海外ボランティアまで幅広い。健全なキリスト教を標榜した善行をPRしているの …

チョン・グァンフン牧師 韓国基督教総連合会代表会長、辞任表明

韓国最大のネット会社NAVER(ネイバー)ニュースによると新型コロナ感染拡大で韓国社会に混乱を巻き起こしている単立サラン(愛)第一教会(ソウル城北区)主任牧師を務めるチョン・グァンフン氏が韓国基督教総連合会(韓基総=通称 …

1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 異端・カルト110番 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.