キリスト教の異端・カルト教団に関する情報サイト
新着情報

ニュース

異端、カルトに関する国内外のニュースを取り上げていきます。

海外脱会者の証言で確認された新天地10万人修了式の虚偽実態  「信徒の誇り」を演出する内部謀略か?

現代宗教 | エスラ・キム牧師 2022.11.20 2022年10月の時点で、新天地信徒らは2019年に続き2022年にも再び10万修了式を開催するとし、大きな期待を抱いていた。 筆者が運営するYouTubeチャンネル …

新天地イエス教会が韓国・大邱で研修生10万人の修了式

韓国でいま最も被害が深刻とされる異端・カルト「新天地イエス教証拠(あかしの)幕屋聖殿」が11月20日、韓国・大邱(テグ)市の大邱スタジアムで、シオン・キリスト教宣教センター第113期修了式を開催し、修了生ら約10万人が参 …

統一協会被害救済法の政府案は役に立たない 全国弁連が代案を提示

政府は11月18日、統一協会の被害者救済等に関し、「被害救済・再発防止のための寄附適正化の仕組み(概要)」を発表し、消費者契約法及び独立行政法人国民生活センター法の一部改正法案を閣議決定した。これに対し、全国霊感商法対策 …

大阪地区諸教会の牧師らに「イ・マンヒ総会長」からの手紙 発信元の住所は新天地イエス教会・大阪の拠点か? 

信者になると家族と連絡を断ち行方不明になったり、既成教会に侵入し乗っ取ったりするなど、韓国で大きな被害を与えて社会問題になっている新天地イエス教会を名乗る手紙が、11月に大阪近郊の諸教会の牧師宛てに届いている。「総会長イ …

ベレヤ運動の金箕東氏が死去 「鬼神論」で異端規定受ける

韓国「ベレヤ運動」の主唱者であり、ソウル聖楽教会の設立者である金箕東(キム・ギドン)氏が10月22日、死去した。 84歳だった。聖楽教会葬儀委員会が同日、金箕東氏の訃報案内文を通じて、「聖楽教会および(財)キリ …

全国弁連が統一協会への解散請求を申し入れ コンプラ宣言後も被害変わらない

全国霊感商法対策弁護士連合は10月11日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に対し、速やかに、宗教法人法第81条1項に基づき解散命令を請求するよう、文部科学大臣、法務大臣、検事総長宛てに申し入れたことを発表した。 宗教法 …

チョン・ミョンソク教祖 女性信者らへの性暴力で再び拘束  証拠隠滅・逃亡の恐れと

2人の女性信徒に性的暴行を加えたとして告訴されていたキリスト教福音宣教会(CGM、JMS、通称・摂理)の教祖・鄭明析(チョン・ミョンソク、77)総裁が10月4日、再び拘束された。 朝鮮日報によると、大田地方裁判所のシン・ …

「摂理」鄭明析教祖に性的暴行の疑いで拘束令状を申請

聯合ニュース、中央日報など韓国メディアによると、韓国・忠南(チュンナム)警察庁は9月30日、女性信徒2人に性的暴行を加えたとして告訴されていたキリスト教福音宣教会(CGM、JMS、通称・摂理)の教祖・鄭明析(チョン・ミョ …

「世界平和統一家庭連合の教会員の皆さんへ」 全国霊感商法弁連が「力になりたい」と呼びかけ

全国霊感商法対策弁護士連絡会は9月16日、都内で開いた全国集会で「世界平和統一家庭連合の教会員の皆さんへ」として、各種の相談窓口に相談するよう呼びかけた。安倍元首相銃撃事件とそれ以後の報道で、現役の統一協会員に動揺がある …

「旧統一協会の被害実態」をテーマに全国霊感商法対策弁護士連絡会が声明 解散命令請求・カルト対策法整備を

全国霊感商法対策弁護士連絡会は9月16日、「旧統一協会の被害実態について」をテーマに都内で全国集会を開き、安倍元首相銃撃事件に関わる状況などを発表。旧統一協会により発生した被害を救済し、また新たな被害を生み出さないために …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 異端・カルト110番 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.