キリスト教の異端・カルト教団に関する情報サイト
新着情報

ニュース

韓国主要教団における異端規定のシステムについて

韓国には日本と比較にならない程多くの教団が存在します。教団ごとに異端似非(カルト)調査委員会(以下、調査委員会)が備わっていて、その下にいくつもの神学委員会があります。専門の牧師たちが、これら調査委員会でさまざまな情報を …

韓国における異端・カルト教団の奉仕活動 その実態

2020年9月14日 現代宗教 韓国主要教団から異端・カルト規定を受けている教団によるボランティア活動が活発化している。人材派遣、無料で物資配布、海外ボランティアまで幅広い。健全なキリスト教を標榜した善行をPRしているの …

チョン・グァンフン牧師 韓国基督教総連合会代表会長、辞任表明

韓国最大のネット会社NAVER(ネイバー)ニュースによると新型コロナ感染拡大で韓国社会に混乱を巻き起こしている単立サラン(愛)第一教会(ソウル城北区)主任牧師を務めるチョン・グァンフン氏が韓国基督教総連合会(韓基総=通称 …

新天地以上の感染拡大 チョン・グァンフン牧師とサラン(愛)第一教会 暴走する極右勢力の背後にはカルト教団の存在も

サラン(愛)第一教会のチョン・グァンフン牧師に対する批判が殺到している。韓国政府が国をあげて新型コロナ感染予防に努める最中、世論と逆行するさまざまな問題行為を続ける姿に国民の怒りは収まらない。昔から失言王と揶揄されてきた …

《速報》「サラン(愛)第一教会、チョン・グァンフン牧師新型コロナに感染」韓国防疫当局が発表

韓国基督教総連合会代表会長であり、サラン(愛)第一教会牧師を務めるチョン氏。教会はクラスター発生。新天地に次ぐ被害拡大 15日には反政府集会に参加。感染症予防法違反の疑いで刑事告発へ  サラン(愛)第一教会のチ …

サラン(愛)第一教会クラスター発生。新型コロナ感染者315人に増加、全光勲牧師は数千人規模の反政府集会をまた強行 再び拘束の可能性

繰り返す暴言、陰謀論、中国武漢の細菌テロ説を力説。刑事事件で保釈中の立場 異端性濃厚で暴走する牧師 韓国では首都圏を中心に再び新型コロナ集団感染が広がりはじめた。今年2月、コロナに感染した新天地信者を通じて教会クラスター …

韓基総異端似調査委員会による報告「全光勲代表会長、異端性濃厚」

臨時総会準備委員会の会合で報告、異端規定の可視化を目指す 聖書の正当性を否定し、暴言、犯罪行為、女性蔑視を繰り返す韓国基督教総連合会(韓基総=CCK)の全光勲(チョン·グァンフン)代表会長(注=現在裁判所決定により職務停 …

【広告】第二回カルト救出者育成コース(CRTC)2020年10月5日~11月9日のお知らせ

第二回となるカルト救出者育成コースが2020年10月5日~11月9日までお茶の水クリスチャンセンター(東京都千代田区)で開催される。参加申し込み、お問い合わせはチラシに記載の連絡先まで。  

韓国基督教総連合会、代表会長チョン・グァンフン氏に対し、裁判所が「職務停止仮処分決定」。非常対策委員会が会見へ

逮捕後56日ぶりに保釈されたチョン会長を巡る内部での新たな動き。非常対策委員会が記者会見「本来の設立目的に立ち返って活動したい。チョン氏の職務停止処分決定を歓迎する」 今年、2月24日に違法集会を扇動した「公職選挙法違反 …

(最新情報)ソウル市、新天地の教祖・李萬煕と12支派長を殺人と傷害の疑いなどで告発へ。新天地信者による感染パニック歯止め効かず。

韓国人信者ら1月に武漢へ渡航が確認へ。教祖も感染の疑い強まる。信者ら日本への入国可能性大。教会、大学構内、確認のしようがない信者判別。「地域教会が結束して正しい判断を」「途切れない牧師間のコミュニケーションを」早稲田新天 …

« 1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 異端・カルト110番 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.