キリスト教の異端・カルト教団に関する情報サイト

私たちについて

  • HOME »
  • 私たちについて

はじめに

キリスト教異端・カルト情報サイト「異端(いたん)・カルト110番(ひゃくとうばん)」をご覧いただきありがとうございます。

旧統一協会(世界平和統一家庭連合)、摂理(せつり)(キリスト教福音宣教会)、救援派(クオンパ)、新天地、ほか多くの韓国発祥の異端・カルトが日本国内で被害を及ぼしています。大学や企業に入り込み、SNSやYouTubeを通じて、勢力を拡大しています。

彼らは「とても良い人たちだ」「普通のキリスト教ではないか」と感じられます。被災地支援やイベントの主催を各地で行っていることも事実です。初対面で、異端・カルトと判断することは、ほぼ不可能です。しかし、「楽しい」「親切だ」という理由から若者がカルトに入信し、その後、反社会的行為を強要され、人権が奪われていくのです。

韓国、中国の異端・カルトに関して、日本語の資料が少なく、正しい理解ができずにきていました。こうしたグループは、名称を頻繁に変えます。そのため、国外では悪名の高い異端・カルトが、日本では正統なグループとして市民権を得てしまっている団体もあります。

未信者に対しての被害だけでなく、既存の教会からカルト団体へと信徒を引き抜く被害も見られます。彼らは身分を装い教会へ潜入し、誤情報を流し、内部分裂を引き起こすのです。

様々な被害報告を受け、異端・カルトに対して、正しい知識と危機感をもっていただきたいと願い、本サイト「異端・カルト110番」を設立いたしました。3名の特別顧問と16名のアドバイザーの監修のもと運営しております。韓国、中国からの情報をリアルタイムでお届けすることができます。ぜひお役立て下さい。

皆さまのお祈りとご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

異端・カルト110番

共同代表  小岩 裕一   張 清益    齋藤 篤

 

 

 

共同代表 プロフィール

張清益(チャン・チョンイク)

1990年、韓国から来日 1999年、関西学院大学(西宮市)文学部卒業 聖契神学校(東京都目黒区)卒業後、世界的な異端カルト問題の権威である陳用植牧師に師事 2010年、日本キリスト教異端相談所設立(韓国キリスト教異端相談所協会・東京支部『日本キリスト教異端相談所』所長) 2011年、とねりキリスト教会(東京都足立区)創立、同教会の主任牧師として現在に至る 大韓イエス教長老会合同派所属 様々な韓国異端・カルト問題に精通 本紙創設者

過去メディア掲載記事 「異端・カルト110番」専門家らと10月から始動 情報収集、相談窓口として(2019年9月11日)キリスト新聞社

2019年10月3日、キリスト教界では日本初となる異端・カルト情報専門サイト異端・カルト110番が誕生しました。読者の皆さまからの予想を遥かに上回るアクセス数に重い責任を感じております。それだけ異端カルトに対する高い関心、とりわけ韓国からの異端カルト問題は深刻であると強く認識しております。今まで以上に・正確な情報を・迅速に・わかりやすくというモットーで皆様にお伝えしていく所存でございます。今後とも尊く用いられますようにお祈りをもって支えて頂きたいと願います。

 

小岩 裕一(こいわ ゆういち)

関西聖書神学校卒業後、1987年から異端・カルト問題のカウンセリングを行う 現在、日本イエス・キリスト教団横浜栄光教会牧師、同教団総務局相談室長「異端・カルト問題、ハラスメント問題」を担当  関西聖書学校講師(比較宗教) 日本伝道会議分会「異端・カルトの対策と予防」を担当 牧師研修会、地域牧師会で異端・カルト対策セミナーを行う

異端問題は、キリスト教界では、枝葉末節な問題ではなく、深刻化、緊急な問題となっています。今後社会不安も増大し、次々と異端集団が発生し増大することが危惧されます。キリスト教会「カルト化」の解決も進んでいないように感じます。解決のためには、まず正しい情報が必要です。その一つとして異端・カルト110番の情報を、冷静な判断と解決の糸口としてお役立てください。

 

齋藤 篤 (さいとう あつし)

日本基督教団正教師 日本基督教団カルト問題連絡会世話人 10~20代でエホバの証人としての信者を経験 その後、自主脱会しクリスチャンとなる 2006年より牧師として活動するなかで、カルト問題をライフワークとして今日に至る 現在、日本基督教団深沢教会(東京都世田谷区)牧師

カルト問題は宗教に限ったことではなく、人間が自分の思い通りに人間を支配しようとする願望から起きる構造の問題です。そういう意味で言えば、わたしたちは誰でも「カルト的な要素」を持っています。大切なのはそのことを自己認識し、抑制する心を持つことです。わたしは「宗教」に関わるひとりとして、宗教の名を利用するカルト的な言動に対しては、自省しつつも声を出し続けることが、わたしに与えられた使命だと思っております。「異端・カルト110番」に関わろうと思ったのも、そんな思いからからです。サイトが皆さんの健やかな生活に役立ちますよう、心から願っております。

 

運営スタッフ

 

編集長 中橋 祐貴  所属教団:キリスト聖協団 日本脱カルト協会会員

世の中には膨大な情報が溢れています。何が本当で偽りなのか判断に迷う時代です。正確な情報を一人でも多くの方にお届けしたい。そんな思いで取り組んでいます。本サイトには専門家のアドバイザーが大勢在籍しています。困ったことがあれば気軽にご相談ください。「徹底した現場主義」これが私のモットーです。

 

翻訳者・記者 (取材に支障をきたすため氏名は非公開) 所属教団:日本福音キリスト教会連合

異端・カルト110番のスタッフとしての働きが与えられましたこと、心より感謝いたします。30年近く異端・カルト問題に関わり、悩み苦しむ中で主の導きによって信仰が与えられました。クリスチャンとして、また、被害者家族という立場で出来ることはないかと祈り続けている中でこの働きが示されました。「被害者の方々に寄り添い、正しい情報をお伝えし、正しい場所へ導くこと」が私の使命だと思っています。このメディアを通して、アドバイザーの先生方と共に、みなさまへ正しい情報をお伝えしていきます。この働きを通して、日本のクリスチャンが分裂するのではなく、神様を中心して一致できるよう願っています。

 

編集顧問 根田祥一 所属教団:日本ホーリネス教団 クリスチャン新聞顧問

1980年からクリスチャン新聞記者になり、最初に取り組んだのがルポ記事「異端と教会」の連載でした。以来「異端問題」「カルト問題」は私のライフワークとなりました。その取材経験から分かったことは、「異端・カルト問題」は教義の誤りである以上に、人と教会と社会をだます偽りであり、破壊的なダメージを与えるということです。40年後の今日、その欺きの手口はインターネットも駆使してますます巧妙化しています。「異端・カルト110番」が福音の真実に立ち、欺きの裏に隠された事実を明らかにすることを通して、人と教会と社会を守るネットメディアとしてこの時代に興されたことはまことに時宜にかなったものであり、主イエス・キリストの恵みとあわれみによる好機です。
 
 

その他にも動画制作、翻訳、編集スタッフが本サイトの運営に携わっています。

 

特別顧問

 

高山 正治 日本同盟基督教団倉敷めぐみキリスト教会牧師(牧会歴31年)、カルト救出カウンセラー31年、エホバの証人、旧統一協会、キリスト教福音宣教会(摂理)その他カルトを中心に300人の救出に携わった 

陳用植(チン・ヨンシク)韓国キリスト教異端相談所協会会長 大韓イエス教長老会 合同派「安山常緑教会」 主任牧師、大韓イエス教長老会合同派・ 異端対策委員会専門講師、世界韓国人基督教異端対策連合会会長、総神大学院神学大学院 卒 紹介動画

崔三卿(チェ・サムギョン)大韓イエス教長老会統合派 「光と塩教会」主任牧師(1985年7月〜現在)、キリスト教異端問題専門メディア「教会と信仰」常任理事(現在)、大韓イエス教長老会 統合派・ 異端対策委員会 委員長(歴任)、世界韓国人基督教異端対策連合会 会長(歴任)、総神大学院 神学大学院 卒 

 

アドバイザー(順不同・敬称略)

飯田勝利(日本福音キリスト教会連合 結城福音キリスト教会牧師)

小池宏明(日本同盟基督教団 古河教会牧師・同教団社会局人格尊厳委員会カルト問題担当)

韓在國(日本同盟基督教団 清水聖書教会牧師・同教団社会局人格尊厳委員会カルト問題担当)

河成海(狭山のぞみ教会牧師 GMS(Global Mission Society)派遣宣教師)

小泉創(日本イエス・キリスト教団 仙台国見教会牧師)

吉岡創(日本聖約キリスト教団 南輝・広江聖約キリスト教会牧師)

安黒務(日本福音教会 一宮チャペル牧師・一宮基督教研究所所長)

清水与志雄(日本基督教団 川谷教会牧師)

豊田通信(日本基督教団 小田原教会牧師・日本基督教団カルト問題連絡会世話人)

村上密(日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド京都教会牧師・宗教トラブル相談センター)

パスカル・ズィヴィー(マインド・コントロール研究所所長)

ウィリアム・ウッド(真理のみことば伝道協会代表)

ジャン・ドウゲン(ジャパンベサニー・ミッション代表牧師・KBI関西聖書学院理事)

櫻井寿子(社団法人CVSA 落ち穂の会代表)

藤枝宗浩(基督教大韓メソジスト会宣教師)

黛藤夫(日本イエス・キリスト教団 荻窪栄光教会主事)

以上16名

顧問弁護士 渡辺博 田村町総合法律事務所所長 霊感商法被害救済担当弁護士連絡会事務局長(東京弁護士グループ団体)

 

業務提携先

日本

株式会社キリスト新聞社

日本キリスト教異端相談所

韓国

韓国キリスト教異端相談所協会

教会と信仰

キリスト教ポータルニュース

月刊現代宗教

国民日報

キリスト教放送(CBS)

ニュースアンドジョイ

デイリー・グッドニュース(救援派のグッドニュース宣教会とは一切関係ありません)

香港

香港・新興宗教関注事工(CGNER)

 

賛同団体・教団・教会・個人(順不同・敬称略)

日本福音同盟(JEA)

日本基督教団カルト問題連絡会

日本イエス・キリスト教団

ウェスレアン・ホーリネス教団

基督兄弟団

基督聖協団

シオンの群教会

日本ホーリネス教団

東京フリー・メソジスト教団

聖契神学校

日本キャンパス・クルセード・フォー・クライスト

hi-b.a.(高校生聖書伝道協会)

上野教会(日本ホーリネス教団)

玉川キリスト中央教会(ウェスレアン・ホーリネス教団)

ひばりが丘北キリスト教会(ウェスレアン・ホーリネス教団)

旭キリスト教会(ウェスレアン・ホーリネス教団)

北秋津キリスト教会(日本同盟基督教団)

真理のみことば伝道協会(代表ウィリアム・ウッド)

全国統一協会被害者家族の会

全国統一協会被害者家族の会名古屋自助グループ

ビオラの会(張在亨グループ元信者による有志のつどい)

水谷潔(日本福音教会連合・春日井聖書教会協力牧師)

 

協力・連携 全国霊感商法対策弁護士連絡会(略称「全国弁連」)

2020年8月10日更新

 

事業内容

  1. キリスト教異端・カルトに関するインターネット情報サイト運営・管理全般
  2. 業務提携団体、メディア各紙の記事翻訳と配信
  3. 情報発信媒体の提供(SNS等)
  4. 異端カルト問題の被害当事者(一般、教会問わず)相談、救済協力
  5. キリスト教の信仰に基づく宣教活動、その協力

 

事務所所在地

〒123-0845 東京都足立区西新井2-7-1とねりキリスト教会内

 

信仰基準

日本福音同盟の信仰基準に準じます。

 

著作権・記事、画像などの取り扱いについて

本サイト上の著作権は異端・カルト110番が有します。記事の無断転用、引用は禁じます。必要な方は事前にご相談ください。ブログなどで引用、転用する場合も「出典元」を必ず表記ください。

 

業務提携先との記事翻訳上の取り決めについて

本サイトと業務提携を結ぶ韓国、香港各紙、団体の記事は日本人向けに理解しやすい表現で部分的に編集して掲載しています。韓国側の情報が日本でも出来るだけスムーズに理解できるよう「表題」(キャプション含む)も編集する場合があります。これは提携元と合意の上で行なっております。また韓国のメディア各紙の記事を無断で翻訳し掲載することを「教会と信仰」「キリスト教ポータルニュース」「現代宗教」「ニュースアンドジョイ」は認めていません。

キリスト新聞社、クリスチャン新聞の記事も提携、協力関係に立ち同意を得て引用(主にリンク)しています。

 

嫌がらせを目的とした営業妨害行為について

本サイトは異端・カルトに関する情報を配信しています。そのため、異端・カルト側から運営を妨害する嫌がらせ行為(内容証明などによるスラップ行為を含む)を受けることがあります。弁護士捜査機関と情報を共有し、そのような行為には法的措置も辞さないことを予めお伝えします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 異端・カルト110番 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.