“クリスチャントゥデイ問題”がよく分かるベテラン記者たちによる真相番組

《ニュースアンドジョイ解説》

張在亨(ジャン・ジェヒョン)の再臨主疑惑が再び浮上した。今年(2018年)、日本のクリスチャントゥデイおよび東京ソフィア教会(現:あいのひかり教会)脱会者たちは「張在亨を再臨主と信じた」と証言した。

 張在亨は、大韓キリスト教長老会合福という小規模教団の総会長出身だ。 彼がアメリカに建てたオリベット大学出身者が集まるワールドオリベットアッセンブリーという教団がある。 張在亨を取り囲むメンバーは、合福教団とオリベット大学出身者が中心だ。 張在亨が設立した「クリスチャントゥデイ」「クリスチャンポスト」などのメディアは彼を擁護している。

〈ニュースアンドジョイ〉は1ヶ月間、約10本の記事を通じて「張在亨と追従者たち」を真相報道した。 読者にこの問題をできるだけ分かりやすく伝えるために特別対談を企画した。 第1部では張在亨をめぐる「再臨主疑惑」を詳しく扱った。

具体的な内容は映像で確認してほしい。

第2部では張在亨をめぐる事業体と金銭の問題を暴いていく。〈ニュースアンドジョイ〉の取材を通じて、張在亨と関連のある人物らの事業体がクモの巣のように絡み合っていることがわかった。そして、関連事業体の財政状況はきわめて深刻だった。

 

日本語字幕付き 「張在亨と追従者たち」特別対談① 第1部