また始まった。韓国クリスチャントゥデイ いつまでやるのか虚偽報道・・・ フェイクニュースで罰金刑の判決最中。 崔牧師は「事実無根」「張在亨・・・再臨主がバレそうになると相手を攻撃」

2019年10月5日付けの韓国クリスチャントゥデイ。崔三卿牧師が賄賂を要求していたという記事を立て続けに配信した。(韓国クリスチャントゥデイ 画像抜粋)

韓国の異端研究の第一人者で大韓イエス教長老会統合派に属する崔三卿(チェ・サムギョン)牧師が韓国で問題があるとされる教会関係者から5千万ウォンの賄賂を受け取っていたとする記事を韓国クリスチャントゥデイ(再臨主疑惑がある張在亨氏が設立)が報じた。また、崔牧師と理事を務めるキリスト教異専門ニュースサイト「教会と信仰」(1993年創刊)の職員が金品を要求しているという音声などを同紙上に掲載した。崔牧師は、10月3日にお茶の水クリスチャンセンターで開かれた韓国キリスト教異端対策セミナーで「張在亨は恐ろしい異端である」と題して講演をしたばかりだ。

「異端側から嫌がらせ、フェイクニュースを散々流された。何度も名誉棄損だと訴えられたが一度も負けたことはない。」とし、「金品を要求したことは人生の中で1度もない。いつものパターンだ」とコメントしている。

金品を要求する様子を録音したという音声をクリスチャントゥデイが報じた。既にこの音声は本人、関係者の者ではないことは確認されている。(韓国クリスチャントゥデイ 画像抜粋)

クリスチャントゥデイは執拗なまでに崔牧師を誹謗する事実無根のフェイクニュースを発信し続けている。来日する前もセミナーを妨害するために嫌がらせを行っていた。クリスチャントゥデイはハンビットヌリ財団(キリスト教団体)を貶めるために虚偽報道を行い、財団側に訴えられている。裁判所は虚偽報道を認めクリスチャントゥデイ側に罰金を命じた。事実であるかどうか裏を取ればすぐにわかることを報じ続けるクリスチャントゥデイ。読者の目にどう映るのだろうか?