クリスチャントゥデイ会長(淀橋教会主管牧師)峯野龍弘氏「張在亨牧師と面会し弟子たちを預かった」「日韓クリスチャントゥデイは張牧師が設立したメディアである」実態が徐々に明らかに

前編から続く

峯野氏の見解「日韓クリスチャントゥデイは同じ。張(ジャン)先生のメディア」矢田社長「日本クリスチャントゥデイは韓国と別媒体」初代社長高柳氏「たまたま同じビジョンを持った青年が作った会社」韓国クリスチャントゥデイ「韓国の現地法人として」異なる見解に疑惑が深まる。

では、韓国クリスチャントゥデイ(リュ・ジェグァン代表)とのつながりはどうなっているのだろうか。峯野氏は「韓国と日本のCTは別媒体であり異なる会社」という矢田氏らの主張に対し「正確な説明ではない」ことを明らかにしている。「法的には別々に会社登記しているが日本CTは張(ジャン)先生が設立したメディアだ」と語っている。事実、ジャン牧師に依頼され責任を担ってきたことを認めているので、この見解も十分に納得できる。ところが今もってCT側はこの事実を否定している。しかし、韓国クリスチャントゥデイの記事を調べると「韓国クリスチャントゥデイの現地法人として立てた・・・」(2011年8月3日付)と日本CTを紹介。その会長に峯野氏が就任、矢田氏が社長に就いたことを大きく報じている。「現地法人」とは一般にどのようなものをさすのか、会社経営に詳しい法律家に聞いてみた。その説明によると、「ある国に本社を保有する法人(会社)が海外に支店、支部を設立するケースを一般に現地法人と言います」、「登記簿上の代表が、張在亨牧師である必要はなく、社員代表が現地のトップに就くことはごく自然なことです。法人上のトップが異なるからその法人と関係がないという主張は、一般には通用しにくいと思います」という。

韓国CTの記事(2011年8月3日付)には「現地法人としてたてたクリスチャントゥデイ(社長・矢田喬大)と紹介されている。この記事を書いた人物は韓国CT日本支局長であいのひかり教団横浜聖門教会牧師のカン・ソンヒョン氏だ。(韓国クリスチャントゥデイ引用)

異端性を否定、諸メディアまで批判した峯野牧師

教団年会に参加した峯野氏は、CTの異端性を否定。むしろ、諸メディアの報道を批判し、「ニュースアンドジョイは虚偽報道をしているので立ちいかなくなるだろう」という趣旨の発言も行った。ニュースアンドジョイとは、韓国の社会派キリスト教メディアのひとつでキリスト教界の不正等を長年追及してきた有力紙だ。クリスチャントゥデイを創設した張在亨牧師の統一教会前歴をスクープで取り上げたことで有名だ。張在亨牧師とCT側は、このメディアを敵視し、事実ではない情報で批判記事を掲載しつづけている。

CT特別調査委員会が発足

「約束した以上はやり遂げなければならない」教団委員長の川崎氏は本紙に対し熱い思いを述べている。同教団は、CT問題を深刻に受け止め、異端性の有無、反社会性の嫌疑を総合的に調査することを内部で決定。CT特別調査委員会を発足させたこと、調査委員長に山田証一氏(八潮キリスト教会牧師)が就任したことが教団内機関紙で報告された。

日本のキリスト教史で自教団の関係者、企業の異端性を調査するために委員会を発足させた例はないと思われる。この経緯については、日本のキリスト教諸教団だけではなく海外でも注目されている。ある福音派の牧師は「洗いざらい問題をクリアーにしてほしい」と述べ、峯野氏と親しい某牧師も「異端なら異端だとはっきりして手を引くべきではないか。もう十分だろう」と述べた。また、きよめ派内から「再び、クリスチャントゥデイが訴訟を起こすならもう誰もついていかなくなるだろう。問題を起こして詫びることもなく心無い記事を拡散している。心が痛む」という声も聞かれた。

10月3日、お茶の水クリスチャンセンターで開催された「韓国キリスト教異端セミナー(本紙の開設感謝礼拝)」には100名を超える参加者が集った。テーマⅠで韓国異端研究の第一人者である崔三卿(チェ・サムギョン)牧師(大韓イエス教長老会統合)が「張在亨は恐ろしい異端である」と題して、クリスチャントゥデイ問題の心髄を突く講演を行った。多くの参加者が「真相を知りたい」と熱心に耳を傾けていた。このセミナーを通じてキリスト教界の世論が大きく変わったことを感じる。「今までグチャグチャだった情報が一つにまとまった」という評価だ。

新たに発足したCT特別調査委員会が今後どのような判断を下すのか、淀橋教会とクリスチャントゥデイの関係性について日本中のキリスト教界が注目している。

教団総会で承認されたクリスチャントゥデイに関する見解(当時)