教会と信仰 2004年6月6日付 記事

 

韓国キリスト教総連合会(韓基総、代表会長ギル・ジャヨン牧師)が所属団体である合同福音教団の張在亨(ジャン・ジェヒョン)総会長の統一教会関連疑惑を調査することを決意した事実が知られ張総会長の実態にキリスト教界が注目している。

取材の結果、張総会長の統一教会前歴は相当な部分まで事実が明らかになった。これにより、彼は正統教会の内部に入ってから心から改心したのか、どのような手順でキリスト教界に入ることができたのか、さらにキリスト教界連合機関の韓基総はどのように登録を可能にしたのかなど議論の声が高まると考えられる。

外面的に明らかになった張(ジャン)総会長のキリスト教界経歴は派手だ。設立した教団の総会長を務め、インターネット(紙新聞でも)発行されている週間「クリスチャントゥデイ」とキリスト教ポータルサイト「クロスマップ」を運営している。株式会社クリスチャントゥデイを設立し、2002年1月と4月に大学生宣教団体「イエス青年会」「学生福音化宣教会(CEF)」の設立など多方面で活動する、いわゆる「業界人」だ。

ところが、張氏の統一教会前歴は「過去の歴史」で済ますにはあまりに大きかった。「鮮文大学30周年史」(統一教会の教育機関)が神学校設立に大きく貢献した人物として張氏を紹介したのはもちろちんのこと、鮮文大学(旧・聖化大学)の学長まで務めていたと紹介している。

また、統一神学、組織神学、行政助教授を務め、この内「統一神学」という原理講論(文鮮明を再臨のキリストと教える経典)をより体系化した神学を教えていた部分が特に注目されている。しかし、張在亨総会長は「統一神学まで教えたことはない」と述べた。

彼は1977年から1979年まで統一教会側の大学生巡回伝道団に属し、指導者養成機関である大学巡回伝道団長として活動していた。当時の張総会長は「巡回伝道団長」の立場で「統一の世界」(機関紙・1977年10月号)に「統一教会青年の座標」という文章を寄稿したこともある。この記事に寄稿した張氏は「統一教会は若い教会だ」とし「統一の共同体を民族と人類に拡大することが私たちに与えられた神聖な使命」と書いている。しかし、彼は「このような寄稿事実はない」と主張した。

統一教会の資料によると張総会長は統一教会側の教授と学生連合活動「国際キリスト教学生連合会」(ICSA)の創立メンバーだっただけでなく、1975年2月には統一教会の故・文鮮明教祖の司式で合同結婚式を挙げていた。「1800双」という所属にあたる。

同じ時期に統一教会で合同結婚に参加したA氏(元・統一教会)は、当時の合同結婚は今よりはるかに手続きが厳しく徹底的に思想教育に及んだとした。A氏は「文鮮明という自称再臨のキリストの救いの儀式が合同結婚だ」とし「文鮮明をキリストと信じなければ式に参加することはできない。統一教会に入信して3年以上経って統一教会側の牧師から資格が付与され、「この人物は合同結婚を挙げてよい」という審査をパスしてはじめて参加できる。それほど、当時は厳しかった」と話す。

張氏は統一教会の前歴があるにも関わらず、どのようにして韓国基督教総連合会(CCK)に加盟、登録することができたのだろうか。登録をする際に「過去の前歴」について同氏の十分な説明と統一教会の文鮮明信仰から「回心」した意思を明らかにしたのかについて議論をする余地がある。

この問題について韓キ総のある関係者は「当初、張在亨氏は既成の加盟教団の牧師に名前が記されていたが、その教団を分立させて「大韓イエス教長老会の合同福音教団」という名称で2003年1月に再加入をした。その年の暮に張氏は総会長に就任した」「こちらは張在亨氏の統一教会前歴については全く知らされていない」と答えている。

現在、韓キ総が張氏の統一教会関連疑惑を調査した理由について、関係者曰く「張在亨氏が加盟した後、彼について問い合わせが多く入り、問題提起と質疑を行い調査することを決定した」と述べ、「質問状を送り、十分に解明をしなければならない状況だ」と明らかにした。

張在亨総会長は6月5日、記者と電話インタビューで統一教会前歴に関する釈明をし「私は完全にキリスト教の福音に戻った者だ。統一教会は追い出された」と強調した。また、「国際合同福音教団に加入し、過去にも告白をした。厳格な検証作業を経て牧師按手を受けた」と説明した。

             

—————————————

◀クリスチャントゥデイ設立者・張在亨氏の統一教会前歴▶
1977年3月〜8月に大学巡回1期伝道団長
1977年10月号月刊<統一の世界>「統一教会青年の座標」寄稿
1978年3月〜8月に大学巡回2期伝道団長
1979年3月〜8月に大学巡回3期伝道団長
1981年11月の国際キリスト教学生会(ICSA)創立メンバー
1989年9月〜1991年2月に鮮文大学校(旧聖化大)の学生処長
1989年9月〜1998年1月に鮮文大学校(旧聖化大)助教授(神学)
1996年〜1997年休職