「虚偽事実 名誉毀損」クリスゃんトゥデイ編集長に罰金300万ウォン略式命令

パク・ヒョンテク牧師集中批判<CT>編集局長罰金 ソウル中央地裁 “虚偽事実 名誉毀損」罰金300万ウォン略式命令
2010年5月3日
 
   
 

大韓イエス教長老会合神派のキリスト教異端相談所所長パク・ヒョンテク牧師の学歴などについて虚偽の事実を報じた疑いで略式起訴されたクリスチャントゥデイ(創設者・張在亨牧師)の編集局長リュ・ジェグァン氏が4月21日、裁判所から300万ウォンの罰金略式命令を受けた。

ソウル中央地裁刑事23部は4月21日リュ・ジェグァン氏がパク・ヒョンテク牧師問題で<クリスチャントゥデイ>に作成した7件の記事について、それぞれ「公然虚偽事実を報じて告訴人の名誉を毀損した」と罰金刑を下した。ソウル中央地裁略式命令に記載された犯罪事実によると、リュ・ジェグァン氏は「クリスチャントゥデイ>には、次のような記事を掲載した。

まず、リュ氏は「ピョン・スンウ牧師が宗教マフィアと非難した4人衆は誰なのか」(<クリスチャントゥデイ> 2009年5月11日)という記事で某新聞社社長の言葉を引用し、「これらの(パク・ヒョンテク牧師など4人)は、ほぼ10年間韓基総(CCK)を背負っ悪を行ってきた。ところが、今は韓基総も彼らの不適切な行動を知り、少し前に4人共を韓基総を退出させた」と報じた。

第二に、「異端鑑別師パク・ヒョンテク牧師学歴偽造疑惑」(2009年10月17日)の記事では、△大学入学事実はない···すべての公職から退出したそうだ。△もし、通常の神学のコースさえ修了していない人物が、牧師按手を受けて異端識別人を自任してきたならば、彼に関与してきた機関の異端対策委員の道徳性と権威に傷が及ぶ深刻な問題だ△今、担任(牧会)している教会がないことが知られ、それは学力的な問題のためではないかについても疑問が起きていると報道した。

第三に、「韓基総異端対策委員会の組織化再発防ぐ」(2009年10月21日)という記事では、「統合派内で異端解約がされなかったと宣言された崔三卿(チェ・サムギョン)牧師と学歴偽造事件が議論されているパク・ヒョンテク牧師二人を除名し追放しなければならない」と主張した。

第四に、「パク・ヒョンテク牧師学歴偽造疑惑ますます深まり」というタイトルの記事(2009年10月22日)では、△パク・ヒョンテク牧師は、自分の学力問題について「しどろもどろ」しながら焦点を曖昧にし、より大きな論議を呼んでいる△総神大学校を卒業したと明らかにしてきたが総神大学卒業事実はない△神学院入学前H大学を出たと説明しているがH大に確認した結果通通ってもいなかった。S大からの3年間、在学記録を偽造してH大に編入されたプロセスが確認できた△博士号も受けなかった。いくつかの学校を転々として牧師按手まで受け堂々と異端鑑別師を自ら要望してきたと報じた。

しかし、裁判所は、クリスチャントゥデイのリュ編集長が上記の記事でパク・ヒョンテク牧師に対して「公然虚偽事実を報じて名誉を毀損した」と彼に罰金略式命令を下したのだ。

他にも、裁判所が明らかにしたリュ・ジェグァン氏の犯罪事実は、次のように続く。

第五に、リュ氏が「パク・ヒョンテク牧師の異端捏造その全貌確認され」(2009年10月22日)という記事で、「パク・ヒョンテク牧師は合神総会異端対策委員会で決議する過程で、自分だけ調査して、自分が決議する典型的な異端捏造の全貌が確認された。彼は三神論と月経胎孕論議論を支持。崔牧師側の側近のようだ」と書いたことについて裁判所は「告訴人が異端捏造をしたように、そして、崔三卿牧師の最側近であるかのように虚偽の事実を流布した」と述べた。特にリュ氏がこの記事で「パク・ヒョンテク牧師個人の考えが総会決議に変身」と報道した部分については、「調査依頼や総会決議などのすべての過程がまさに形式的なものに過ぎずパク・ヒョンテク牧師個人の考えが総会の決議がされたという主張は、本人だけでなく、合神総会の名誉まで毀損した」と述べた。

第六に、リュ氏が「パク・ヒョンテク牧師学歴偽造隠蔽  -証拠提示できず、争点拡大 事態悪化させ」(2009年10月24日)という記事で「パク・ヒョンテク牧師の疑惑の中で最も重要な内容は通ってもいないS大からの3年在間学記録を偽造してH大3年生に編入したということだ」としたことについて「(パク・ヒョンテク牧師が)まるで私文書偽造をしたかのように報道した」と指摘した。

第七、リュ氏が「パク・ヒョンテク牧師学歴偽造疑惑事実と確認」(2009年11月18日)というタイトルで書いた記事について、裁判所は、「(パク・ヒョンテク牧師の)「S神学校の学歴はとんでもない嘘で明らかになった」と報道して「S大学での学歴が偽造されたことが判明し、パク・ヒョンテク牧師が所属している合神とS神学校学歴を根拠にパク牧師の編入を受けたH氏が対価としてどのような措置をとるのか成り行きが注目されている」と報道した」とし「告訴人の学歴が偽造されたかのように公然虚偽の事実を報じて告訴人の名誉を毀損した」と述べた。

リュ・ジェグァン氏が編集局長にある<クリスチャントゥデイ>(www.chtoday.co.kr)は、国内はもちろん、香港、日本などで「再臨主の主張疑惑」を受けてきたジャン・ジェヒョン牧師が設立した新聞社として、昨年9月に統合側(総会長ジ・ヨンス牧師)総会で異端擁護言論に規定された。同年パク・ヒョンテク牧師が所属する合神側(総会長イム・ソクヨウン牧師)は、ジャン・ジェヒョン牧師の「異端の要素がある」とし、「業界と交流禁止」の規定を下している。